信州 諏訪大社
七年一度の天下の大祭

御 柱 祭
おんばしら

寅、申の年

               2016年(平成28年)日程
         
上社   山出し(木落し、川越し)  4月 2、 3、 4日
               里曳き(建御柱)     
 5月 3、 4、 5日
         
下社   山出し(木落し)       4月 8、 9、10日
               里曳き(建御柱)       5月 14、15、16日

上社木落し
 段差約30m、斜度約30度の断崖

下社木落し
 長さ100m斜度35度の坂

諏訪大社と御柱祭

信濃国一之宮とよばれる諏訪大社は、諏訪市の上社本宮、茅野市の上社前宮、下諏訪町の下社
秋宮、下社春宮の二社四宮からなり、祭神は建御名方神(たけみなかた)と八坂刀売神(やさかとめ)
を祀り、氏子は諏訪地方の6市町村にわたっています。
 その歴史は古く、日本書紀に持統天皇が勅使を派遣し国家も安泰と五穀豊穣を祈念したと記される
ように、風の神、水の神として、奈良時代以前には早くも中央に知られていました。また、古代から中世
にかけては東国第一の軍神としても有名になり、坂上田村麻呂が東征の折に東夷平定を祈願したのを
はじめ、源頼朝、北条氏一門、武田信玄、徳川家康以下の歴代将軍らが、社領を寄進するなど深く
崇敬していました。
 そして、多くの人々が諸国へ諏訪神の分霊を持ち帰り祀ったことから、諏訪信仰は各地へ広まり、
分社だけでも沖縄県を除く全国46都道府県に5千社以上、摂社・末社を加えると1万社以上にもなると
いわれています。
 この諏訪大社の数ある神事の中で、最も、勇壮で熱狂的な祭りが御柱祭であり、天下の大祭として
広く全国に知られています。御柱祭は、寅と申の年にあたる7年毎に、諏訪地方6市町村の20万の
人々がこぞって参加、執行する大祭です。歴史も古く、平安時代初期の古文書に社殿の造営と御柱の
曳き建てが行われたと記されています。
 上社は八ヶ岳の御小屋山社有林から、下社は霧ヶ峰東俣国有林から、直径約1m、長さ約16m、
重さ約12tにもなるモミの巨木を8本ずつ切り出し、上社は約20kmの御柱街道を、独特の木遣り唄に
合わせて人力のみで曳き、各社殿の4隅に建てます。祭りは、4月の「山出し祭」と5月の「里曳き祭」に
わかれ、山出し祭では、急坂を下る「木落し」、川を越える「川越し」などの壮観な見せ場が、また、
里曳き祭では、騎馬行列や長持ち、花笠踊りなどの時代絵巻が繰り広げられ、2ヶ月にわたって
諏訪地方は祭り一色に染まります。
 天に抜けるような澄んだ声で響きわたる木遣り唄、赤に黄、白木に金色、風になびく彩り豊かな
おんべ、そして晴れやかさと誇りに満ちた諏訪人の顔、顔、顔・・・。心震わす天下の大祭、御柱祭の
始まりです。

    上社 前宮         上社 本宮          下社 春宮           下社 秋宮

     信州霧ケ峰高原   
温泉旅館 
双 葉 屋
  
  0266-52-0560
    fax0266-52-0031